夕方にできる乾燥しわを軽減するベースづくり

季節をとわずに気になるお肌の乾燥は、働く大人女子にとって大敵。蒸発して逃げていく水分をいかにお肌の中に閉じ込めておくか、永遠のテーマです。特に気になるのが目の下などのこじわにたまってしまうファンデーションのよれ。夕方に鏡をみたときのがっかり感たらありません。

ファンデーションを塗れば塗るほどヨレて最悪な状態に。大好きなクラランスのカウンターのお姉さまが教えてくれたテクニックを取り入れたら、拍子抜けするくらい簡単で崩れてもきれいな状態を保てたので紹介します。忙しい朝でもできちゃいますよ!

まずは洗顔後、化粧水で保湿!美容液、必要な人はここで塗った後、乳液かクリームにお好みのオイルを1、2滴たらします。そしてお肌に塗る!ここで、塗ったあと少し時間をおいてお肌の表面を乾かすとよいです。時間が無い時は、ティッシュで押さえます。スキンケアはこれで終了。

ベースで使うのは、クラランスのカラーコントロール効果がある日焼け止め。大気汚染からも肌を守ってくれる頼もしいアイテムです。あとはクリームファンデーションや、リキッドファンデーション、BBクリームなどお手持ちのものを1つ用意。この2つを大胆に一気に混ぜます。割合は、日焼け止め4:ファンデ1くらい。

ファンデを入れすぎると、ヨレやすいです。顔全体に塗り終わったら、またティッシュオフ。その後に、ルースパウダーはたいて終了です。薄付きな仕上がりになるので、ルースパウダーはしっかりムラなくつけるのがポイントです。SK2の、SPFありのルースパウダーがオススメ。すごく細かくてなめらかな粉体で、お肌にフォギー感がでます。最初はマットだけど、少し立つと落ち着いて適度な素肌感が出て、手抜きじゃないヌケ感になります。
http://asdmwr.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)