お風呂の中で顔から脚までオイル美容

乾燥は1年通してなりますが、特に肌で感じるのは冬です。

私は元々乾燥肌ではありましたが、出産を経験した後からさらに乾燥肌が酷くなり、敏感肌にもなってしまいました。しかし、オイル美容を始めてから肌の調子がとても良くなりました。

私はお風呂が終わりバスタオルで拭く前に顔から脚までオイルを塗ります。その後、バスタオルで拭き、体はボディークリームを塗り、顔は低刺激のローションとクリームを塗るというシンプルな美容法です。オイルを付けることにより、ローションやボディークリームが浸透しやすくなるため、肌がモチモチします。この美容法を始める前は体が痒くなったりしていたのですが、今では痒みがなくなりストレスフリーになりました。

オイルですが、色々試してみた結果、コストパフォーマンスの良いジョンソンのベビーローションをたっぷり使用しています。オイルでしたらどのメーカーでも問題ないと思います。

美容は積み重ねが大事なので、自分に負担なくやっていくことが1番です。私はこのスタイルがとても合っていたので1年通してやっています。オイル美容は四年目になりますが、体が潤ってきて以前より肌が綺麗になったと思います。また、お化粧のりも良くなりツヤ肌を目指して頑張っていきたいと思います。もしよかったら皆さんも一度試してみてはいかがでしょうか。

たっぷりの化粧水でぷるぷる美容法

私が行なっている美容法は、化粧水をこれでもかというくらいたっぷりお肌に与える美容方法です。化粧水をつけることなんて当たり前じゃないか、と思われるかもしれませんが、実は化粧水を使っていても、量が足りていない人が多いと感じます。よく化粧品メーカーで化粧水の使用量を表すときに500円玉程度となっていることが多いです。本当にあの500円玉程度使っていたらだいたい1本を1ヶ月~1ヶ月半で使い切るように計算されてできています。私は、それ以上にたっぷりと使用して、だいたい1ヶ月以内で使い切るくらいたっぷりの量を使っています。

使いかたは簡単です。洗顔をした後にまず1回目、化粧水をコットンに含ませてお顔全体に与えていきます。そうすると、コットンが毛羽立ってくる瞬間があります。その毛羽立ちが起こるところは、水分を欲している部分なのです。なので、もう一度その部分に化粧水を重ねていきます。またさらにその上から化粧水をお顔全体にのせていきます。何度かその工程を繰り返していきます。

そして最後に、手の甲で頬を優しく触り、肌が吸い付くのではなくぷるんとはね返されるくらいの状態、さらにひやっと冷たくなる状態までになったら、しっかり水分で肌が満ちたサインです。ここまでしっかり化粧水を与えると、お肌の透明感がぐっと出て、くすみがなくなり、目のまわりなどの小じわも目立たなくなります。細胞ひとつひとつが水分で満ちて、フルーツのマスカットのようなぷるんぷるんの状態。同じものを使っていても格段の差です。

身体は、80%が水分でできているといわれるくらい、水分は大切です。だからこそ、お肌を変えるのも水分次第と言えます。