夕方にできる乾燥しわを軽減するベースづくり

季節をとわずに気になるお肌の乾燥は、働く大人女子にとって大敵。蒸発して逃げていく水分をいかにお肌の中に閉じ込めておくか、永遠のテーマです。特に気になるのが目の下などのこじわにたまってしまうファンデーションのよれ。夕方に鏡をみたときのがっかり感たらありません。

ファンデーションを塗れば塗るほどヨレて最悪な状態に。大好きなクラランスのカウンターのお姉さまが教えてくれたテクニックを取り入れたら、拍子抜けするくらい簡単で崩れてもきれいな状態を保てたので紹介します。忙しい朝でもできちゃいますよ!

まずは洗顔後、化粧水で保湿!美容液、必要な人はここで塗った後、乳液かクリームにお好みのオイルを1、2滴たらします。そしてお肌に塗る!ここで、塗ったあと少し時間をおいてお肌の表面を乾かすとよいです。時間が無い時は、ティッシュで押さえます。スキンケアはこれで終了。

ベースで使うのは、クラランスのカラーコントロール効果がある日焼け止め。大気汚染からも肌を守ってくれる頼もしいアイテムです。あとはクリームファンデーションや、リキッドファンデーション、BBクリームなどお手持ちのものを1つ用意。この2つを大胆に一気に混ぜます。割合は、日焼け止め4:ファンデ1くらい。

ファンデを入れすぎると、ヨレやすいです。顔全体に塗り終わったら、またティッシュオフ。その後に、ルースパウダーはたいて終了です。薄付きな仕上がりになるので、ルースパウダーはしっかりムラなくつけるのがポイントです。SK2の、SPFありのルースパウダーがオススメ。すごく細かくてなめらかな粉体で、お肌にフォギー感がでます。最初はマットだけど、少し立つと落ち着いて適度な素肌感が出て、手抜きじゃないヌケ感になります。
http://asdmwr.org/

お風呂の中で顔から脚までオイル美容

乾燥は1年通してなりますが、特に肌で感じるのは冬です。

私は元々乾燥肌ではありましたが、出産を経験した後からさらに乾燥肌が酷くなり、敏感肌にもなってしまいました。しかし、オイル美容を始めてから肌の調子がとても良くなりました。

私はお風呂が終わりバスタオルで拭く前に顔から脚までオイルを塗ります。その後、バスタオルで拭き、体はボディークリームを塗り、顔は低刺激のローションとクリームを塗るというシンプルな美容法です。オイルを付けることにより、ローションやボディークリームが浸透しやすくなるため、肌がモチモチします。この美容法を始める前は体が痒くなったりしていたのですが、今では痒みがなくなりストレスフリーになりました。

オイルですが、色々試してみた結果、コストパフォーマンスの良いジョンソンのベビーローションをたっぷり使用しています。オイルでしたらどのメーカーでも問題ないと思います。

美容は積み重ねが大事なので、自分に負担なくやっていくことが1番です。私はこのスタイルがとても合っていたので1年通してやっています。オイル美容は四年目になりますが、体が潤ってきて以前より肌が綺麗になったと思います。また、お化粧のりも良くなりツヤ肌を目指して頑張っていきたいと思います。もしよかったら皆さんも一度試してみてはいかがでしょうか。

周りには言わない本当のケア方法

この時期になると、肌が乾燥した、シワが目立つようになった、夏のシミがとれないというのが専らの話題のママ会です。

私も同じ悩みを持っているので、どのようなケアをママ達がしているのか、とても気になります。大体、メイクを落として、洗顔をして、パックをして、乳液が多いです。私も少し前までは、同じでした。そして、何処の化粧水が良いとか、何処の乳液がシワにいいらしいなど、情報に右往左往していました。

そんな時に、ふと参加したアロマ講習でホホバオイルの良さに惹かれたのです。マッサージをするために手に取ったオイルを温めるために馴染ませていた時に、肌にグングンと吸い込まれていったのです。10滴程、手に取ったのですが全て私の肌が吸収してしまい、新たに追加をしなければならない程でした。

そこで、先生に顔にも使えるかどうか聞いたところ、化粧水がわりに使えると教えていただいたのです。その先生は、とても肌が綺麗で、ファンデーションを塗らなくても何の問題もない程のキメの整った肌でした。

ベタベタしてしまいそうなイメージですが、ビックリする位に肌と馴染んでしまうし、顔だけではなく手や足にも使えるので、私はとても重宝してます。

乾燥してきた時にしようと思う対処法

乾燥してきた時にしようと思うのはパックです。冬になるにつれて乾燥してくるので美容液がたくさん入っているパックをします。シミもありますが、乾燥の方に特に効いてる気がします。化粧水や乳液だけではパサパサ感を拭えないので、一気にパックしちゃいます。かなり効果的ですし、いっときも欠かせません。

美容液成分といっても種類があるので、自分に合ってるものを選ぶのは気を使います。ローズなのかアロエなのか、他社の製品なのか、症状によって選ぶのが大変だなと思っています。使い続けないと自分の症状に合っているか判断できないので、最後まで実感できるまで必ず使います。

余すところなく使いたいので、色々なものには手は出しません。様々な症状が同時に出ている時もありますが、あれこれあれこれ手を出すと、一つづつ成分も違いますし、対象も違うことになってくるので、あまり欲張らず一つの症状に合ったものを選びます。

自分に合わないもの買うと使い続けるのはいやになりますよね。それはもったいないので最初にちゃんと書いてある情報を見ます。そうすると大体は自分の状態に合ってます。年齢と共に、去年合ってた成分のものが今年は合ってない、なんてこともあります。今の状態をちゃんと分かってから選ぶことも大切ですね。